【500円引きクーポン】 Steinberg/CUBASE 10.5/R【在庫あり】 PRO-音楽制作

【500円引きクーポン】 Steinberg/CUBASE 10.5/R【在庫あり】 PRO-音楽制作

放送中のCMはこちら

moreSEARCH




プロフェッショナルなニーズに応えるフラッグシップモデルの『Cubase Pro 10』

【製品概要】

『Cubase 10』は、作曲、アレンジ、レコーディング、波形編集、ミキシングなどをサポートする総合音楽制作ソフトウェアの最新バージョンです。1989年に「Cubase」を発売して以来スタインバーグ社が培ってきた技術を集結し、より強力なDAWソフトウェアとして進化してきました。今回は、ワークフローの改善、エフェクトの追加、プラグインの再設計、ユーザビリティの向上などを実現しています。

■世界をリードし続ける音楽制作ソフトウェア
■ひらめきから完成までトータルプロデュース
■あらゆるジャンル、レベル、予算に対応
■素早く直感的、柔軟なワークフロー

また、『Cubase 10』では、用途と価格で選べる3種類のグレードを用意しています。プロフェッショナルなニーズに応えるフラッグシップモデルの『Cubase Pro 10』、音楽制作機能を厳選して搭載したミッドレンジグレードの『Cubase Artist 10』、コアテクノロジーを凝縮したエントリーグレードの『Cubase Elements 10』、いずれもクリエイター/アーティスト/ミュージシャン/エンジニア/プロデューサーの創造力を加速させる最高のパートナーとなります。購入後にもっと機能が欲しくなったときはもちろん、アップグレードも可能です。

【Cubase 10の新機能】

■音楽制作ワークフローの大幅な改善
・オーディオを自在に制御する「VariAudio 3」
ボーカル編集、ピッチ修正機能の「VariAudio 3」を搭載し、各セグメント上のドットを操作するスマートコントロールによって、全パラメータの直接制御が実現しました。また、各セグメントのボリューム調整やより自然なトーンにするためのフォルマント・シフト調整も可能です。

・チャンネルストリップの再設計
チャンネルストリップは、モジュールごとにメーターを搭載したことによる直感的な操作や、各モジュールの順番も入れ替えが可能になるなど、大幅に視認性や操作性を改善しています。

・ミキサー「MixConsole」にスナップショット機能を搭載
「Cubase」のミキサー「MixConsole」にスナップショット機能を搭載しました。これにより、プロジェクト内で行った別のミックスを記録して、すばやく結果を比較できます。また、「MixConsole」内にスナップショットタブを用意し、保存したミックスを即座に呼び出すことも可能です。さらに、各スナップショットにノートを追加したり、EQ設定のみを呼び出したり、個々のトラックの設定も呼び出せます。

・オーディオアライメントによるサウンドの同期
リードボーカルのダブリングやパート重ねはよく用いられる録音テクニックですが、タイミング合わせは手間のかかる作業です。オーディオアライメントを使えば、重ねたボーカルその他のパートの整列を瞬時に行えます。複数のトラックをリファレンストラックに合わせ、タイミングも自動的に揃えます。

・簡略化したサイドチェーン設定
基本的なベースのポンピング・エフェクトの作成、キック・ドラムや効果音のためのミックス内でのスペースの作成などを行うサイドチェーン設定を簡略化し、数回のクリックで目的のルーティングを作成できるようになりました。FXプラグインでサイドチェーンを有効にし、トラックリストからソースを選択するだけで準備が整います。


■新ドラム音源などを追加した豊富なサウンドコンテンツ
・ドラム音源「Groove Agent SE 5」を搭載
アコースティックドラム音源「The Kit SE」や、20種類のエレクトロミュージック用ドラム音源を追加した「Groove Agent SE 5」を搭載しました。そのほか、リサイザブルなインターフェースや新コンテンツブラウザによるキット内プレビューなどが可能です。

・独自制作のサウンドとループを搭載
各ジャンルで活躍する著名なプロデューサーが独自に制作した、深みのあるアナログテクノのライブラリから、実験音コレクションまで、5GBのサウンドとループが付属しています。


■追加、再設計し、操作も大幅に改善したプラグイン
・メディアラックの改善
エフェクトプラグインをトラックに直接割り当てることや、VSTインストゥルメントプラグインをプロジェクトに直接ドラッグしてインストゥルメントトラックを作成することが可能になり、プラグインの操作が大幅に改善されました。すべてのプラグインは、各ユーザーインターフェイスを表すタイルとして表示されます。また、サードパーティのプラグインタイルは、プラグインヘッダーをクリックするだけで簡単に作成できます。

・プラグインの再設計
既存の「Cubase」プラグインのデザインを刷新しました。使いやすさに加え、全体的なワークフローを改善する最新のユーザーインターフェイスを備えています。

・歪み系の新エフェクト「Distroyer」
ミックス全体に微妙なアナログの暖かさを加えたり、キック・ドラムを激しいサウンドにするなど、サウンドに倍音の付加やキャラクターを追加する歪み系のエフェクト「Distroyer」を搭載しました。

・「REVerence」の再設計および拡張
高い評価を得ているエフェクト「REVerence」を再設計し、拡張しました。カスタムインパルスレスポンスやプレビューワークフローの管理が効率化され、ビンテージアナログとデジタルリバーブの20種類の新たなインパルスレスポンスをファクトリライブラリに追加しています。


■表現の幅を拡げるための機能向上
・レイテンシモニター
「MixConsole」の新しいチャンネルレイテンシセクションでは、エフェクトチェーン内の各プラグインのレイテンシとレイテンシの合計を表示できます。

・MPEコントローラのサポート
MIDI Polyphonic Expression(MPE)を正式サポートすることで、最も一般的なMPEコントローラが自動的に検出、設定され、さまざまな楽器パラメータに割り当てることを実現しました。 RetrologueとPadshop用に設計されたMPE対応のプリセットライブラリを用意しています。

・AAFのインポートとエクスポート
異なるシステムとアプリケーション間でデータを共有して作業することは、プロフェッショナルだけでなくコンシューマにおいても不可欠です。広く使用されているAdvanced Authoring Format(AAF)をサポートすることにより、Cubaseは他のアプリケーションとデータを共有することができます。

・高解像度HiDPIをサポート
macOSの高解像度ディスプレイ表示に対応しました。(Windows10では限定対応)

・Steinberg Virtual Realityプロダクションスイート
Steinberg Virtual Realityは、SteinbergのVRイニシアチブの総称です。VRプロダクションスイートは、3次Ambisonicsバス、ヘッドトラッキング用HMDコネクタ、VST Multipannerに含まれている完全統合型バイノライザー、VRパンニングデバイスなど、一連のプラグインとシームレスに統合された機能を提供します。

moreACCESS RANKING

PICK UP

RECRUIT

OFFICIALSITE

VIVRE